注文住宅 埼玉 相場

MENU

注文住宅 埼玉 相場

家づくりはいくらかかるの?

 

注文住宅の購入する際、どのくらいの金額が必要なのかを把握しておきたいですよね。
しかし、建てる家によって金額は大きく変わってしまうものなので、予算計画を立てようにも難しいです。

 

こちらの記事では、注文住宅を購入する際に必要な費用の考え方をご紹介します。
予算計画のお役に立てれば幸いです。

 

家づくりにかかる費用

 

家づくりに必要な費用は大きく分けて2つあります。
「建築工事費」「諸費用」です。

 

「建築費用」はさらに3つに分けることが出来ます。
「本体工事費用」「別途工事費用」「設計料」です。

 

建築費用をさらに分ける

1、本体工事費用:直接建物を建てる費用

2、別途工事費用:一般的に既存建物の解体費、地盤改良工事費、塀、駐車場など

3、設計料

 

注文住宅の購入には、本体工事費に目が行きがちですが、実はこの本体工事は全体費用の75%程度に過ぎないといわれています。
別途工事費用(インテリア・電設費用、エクステリア費用)や、諸費用(登記費用、受託ローン手続き費用、引っ越し費用、式祭典費用等)が思いの他かかってしまいますので注意したいです。

 

2つの方向から家づくりの費用を検討する

注文住宅を購入する際に必要な費用を、2つの方向から考えると計画が立てやすくなります。
一つは「家づくりにかかる費用」そして二つ目が「その資金をどうやって調達するか」です。

 

1、家づくりにかかる費用

家づくりのコスト面です。建物を建てる本体工事費以外に、別途工事費や設計料、税金、登記費用、住宅ローンの手続き費用、引っ越し費用などの諸費用がかかります。

 

2、その費用をどう調達するか

家を建てるお金をどのように用意するか、という資金調達の面です。自分で用意できるお金(自己資金)と、金融機関等で借りられる住宅ローンの2つの組み合わせが基本となります。

 

もっと細かくいうと「いつ」「どこに」「いくら払う」という、支払いのスケジュールを把握しておくことです。
この他にも中宅ローン減税や建物名義など、知っているとお得な知識もあります。

 

家づくりに関するお金の話はとても細かく複雑そうで、建主や建築会社との擦れ違いも多々問題になっています。
しかし、まずは「支払スケジュール」を立てて、一つひとつ順番に確認していけば無理のない予算計画を立てることが出来ます。

 

 

埼玉で評判がいい工務店

埼玉で注文住宅を建てるときに一度相談してみることをおすすめする工務店さんをご紹介します。

 

今回紹介する工務店さんは、実際に私が家を建てた際にお世話になった工務店さんと
いろいろな工務店さんを探しているときに、とても印象が良かったところをピックアップしました。

 

工務店選びの参考になれば幸いです。

是非、埼玉で注文住宅を考えている人は参考にしてみてください。




コタエルハウス

埼玉注文住宅


コタエルハウスの公式ホームページはこちら≪

「コタエルハウス」の特徴


・豊富なデザイン
・明確な価格
・自然エネルギーを取り入れたパッシブソーラーハウス

会社名 山岸工業株式会社
本社住所 〒330-0852 埼玉県さいたま市大宮区大成町2丁目273-5
公式ホームページ http://www.yamagishikogyo.co.jp/jutaku/

コタエルハウスは創業1923年の実績ある会社です。


主に2つのタイプが存在します。
「comi/ コミ」タイプと「OMソーラーハウス」です。


特に「comi/ コミ」は価格表示がとても分かりやすいので予算の計画がプロでない建主だけでもおおよその検討が立てられる長所があります。
カーテン、エアコン、照明といった生活に必須の設備から長期優良住宅の申請費用までコミコミ価格で提案してもらえます。
これなら、建築会社と建主との金額のすれ違いを避けることができるので安心ですね。


ホームページに実際の参考価格が載っており、現実的な計画が立て易いかと思いますのでぜひ、ホームページをチェックしてみてください。


注文住宅のデザインについても、和モダンスタイルからアジアンリゾートスタイル、ヴィンテージスタイルまで、豊富なデザインに対応できます。


「OMソーラーハウス」タイプは「デザイン」「快適」「省エネ」の3つをテーマにした注文住宅です。
自然のエネルギーを生活に取り入れることによって夏は涼しく、冬は暖かい家を実現しています。エコで身体に優しいだけでなくランニングコストも低減することができます。


コタエルハウスが建てた住宅を実際に訪問できる見学会もありますので、興味のある方は足を運んでみてはいかがでしょうか。
見学会は予約が必要なので注意してください。